本文へスキップ

古美術の誠和画廊作家一覧

電話でのお問い合わせは093-531-3098

メールでのお問い合わせはこちら

掲載作家一覧list

著名作家絵画一覧

商品番号をクリックすると、その作品のご紹介ページに進みます。

                            
作家名 作品番号 作家略歴
あ行 今尾 景祥
(いまお けいしょう)
k-6 明治35年京都に生まれる。京都美術専門学校終了をする。 今尾景年の門下に学び、後にその養子となり今尾家を継ぐ。
各展出品するが個中心に活動、皇室献上画数回、南禅寺大衝立制作、米国大学依頼画制作など。 又茶席の待合掛になる作品は、上品で質の高い作品が多く、茶人に好まれている。
作風は現代と古典に因んだ作品を、掛軸軸装に表す事の出来る作家の、数少ない1人として晩年まで人気を集めた。 平成5年91才にて没す。
小野 竹喬
(おの ちっきょう)
k-7 明治22年、 岡山県笠岡市に生まれる。本名小野英吉。竹喬は号なり。初号は竹橋を名乗る。
14歳で京都に出て、竹内栖鳳に師事する。後、京都絵画専門学校を卒業、大正5年文展にて「島二作」が特選となる。
その後、国画創作協会を創立する。(昭和23年解散)
戦後昭和22年、芸術院会員になり、43年文化功労者、51年文化勲章を受章する。 日展顧問等を長く歴任し、昭和画壇の重鎮として活躍した。昭和54年89歳にて逝去。
か行 木村 杏園
(きむら きょうえん)
k-4 日本画家。石川県生。本名は久次。 弟に日本画家の木村雨山がいる。
初め大西金陽に学び、後に京都に出て橋本関雪に学ぶ。 昭和32年(1957)没72才。
小林 観爾
(こばやし かんじ)
k-1 明治25年(1892年)1月4日、長崎県南高来郡深江村(現深江町)に生まれる。 京都市立美術工芸学校図案科、次いで京都市立絵画専門学校を卒業。さらに荒木十畝に師事し、日本画を学ぶ。
大正13年第5回帝展に初入選して以来、同展を中心に活動し14年の第6回同展では「芍薬」で特選を受けた。
昭和6年ベルリン日本画展に出品。 11年には「汀の夏」で文展鑑査展に入選。
写実的な花鳥画を得意とし、「立葵」「軍鶏」「南庭」などの作品がある。 また、永平寺や久邇宮家の天井画なども手がけている。 昭和49(1974)年12月23日 没、82歳。
さ行 千稲
(みわ せんとう)
 k-9 三輪千稲。明治29年生まれ。森村宜稲に師事して土佐派を学んだ。
な行 中田 晃陽
(なかた こうよう)
 k-10 明治34年5月9日神戸市に生れる。本名一雄。竹内栖鳳に師事した。
昭和9年、第15回帝展に「山の畑」が初入選し、昭和13年第2回文展では「緑蔭」が入選している。
紀元2600年奉祝展(昭和15年)には「河原」を出品し、戦後は日展に発表した。 この間、大毎展、京都市展、関西展などに出品屡々受賞した。改組日展で会友となった。
1977年3月24日京都市右京区の自宅で心不全のため死去した。享年75才。
や行 山口 八九子
(やまぐち はくちし)
 k-11 京都生まれの日本画家で本名は直信、別号に小遊・紫陽花人・三樹洞主・華王子・破竹亭等。
京都絵画専門学校卒業。中国南宗画を研究するなど次第に南画に傾倒していく。 また俳句も能くした。
帝展入選。日本南画院同人。昭和8年(1933)歿、44才。
山元 春挙
(やまもと しゅんきょ)
 k-5
k-8
明治5年(1872)~昭和8年(1933)。 山元春挙は滋賀県繕所町生まれの日本画家で、京都で没。 本名は金右衛門。山元春挙は野村文挙、森寛斎に円山派を学びました。
京都画壇では竹内栖鳳と並び称せられ、風景画を得意としました。

会員様ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]

ショップ情報

株式会社誠和商事



〒803-0184
北九州市小倉南区木下677-32
TEL.093-531-3098
FAX.093-967-0025
info@seiwa-syouji.com
→ショップ案内