本文へスキップ

自然の景観を描いた山水図・山水画について-古美術の誠和画廊

電話でのお問い合わせは093-531-3098

メールでのお問い合わせはこちら

掛け軸・山水図

山水図・山水画とは

山水画(さんすいが)は現実の景色を再現した作品と、型による「創造された景色」を再構成した作品があります。いずれも自然の景観を描いた絵画です。

六朝時代に始まり、唐で大成された中国の絵画の画法が日本に伝わりました。

墨の濃淡のみによって描いた水墨山水と、群青 (ぐんじょう) ・緑青 (ろくしょう) などを用いて彩色した、青緑山水などがあります。人物画・花鳥画とともに東洋画の主要画題です。

山水画の中に数多く登場する漁師は、何者にもとらわれない自由な境遇の象徴であり、野に隠れた優れた人材の象徴、中国における理想郷「桃源郷」にアクセスできた唯一の存在として、文人の憧れという意味をもっています。

会員様ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]

ショップ情報

株式会社誠和商事

〒803-0184
北九州市小倉南区木下677-32
TEL.093-531-3098
FAX.093-967-0025
info@seiwa-syouji.com
→ショップ案内